ゲーム・アニメ

『Pokemon GO』任天堂のポケモンが”全米でアプリDL1位”株価上昇し日本版は今週リリースで話題沸騰!


スマホ向けゲームを任天堂株式会社とGoogleから独立したNianticが共同開発した「ポケモンGO」が7月6日、オーストラリアとニュージーランド、アメリカで順次配信されると早くも人気になり全米でダウンロードがGoogle PlayとApp Store総合ランキングで首位を獲得するほどの勢いで話題になっています。
日本版のリリースは今週になるみたいでTwitterでは待ちきれないユーザーが沢山いるようだ。スマートフォンのゲーム参入には大幅に遅れた任天堂ですが、産経新聞によれば株式会社ポケモンの親会社である任天堂の株価は6月11日の東京株式市場で大幅に続伸し一時ストップ高。もしかすればパズドラを追い越すかもしれません。

『Pokémon GO』のご紹介

『Pokémon GO』は、位置情報を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりするといった体験をすることのできるゲームです。
このゲームはモニターの中だけで完結せず、プレイヤーは実際に家の外に出てポケモンを探したり、他のプレイヤーと出会ったりしながら楽しむことができます。

元々『ポケットモンスター』シリーズは、ポケモンの交換やバトルといった要素によってプレイヤー同士が繋がる、ゲーム内で閉じないことを大事にしてきたゲームです。
『Pokémon GO』は、そんなポケモンの世界を更に拡げ、これまで以上にリアルとバーチャルを行き来しながら楽しむことのできるゲームになります。

『Pokémon GO』は、AndroidとiOSにて、2016年サービス開始予定です。
基本プレイは無料、アイテム課金有りのサービスを予定しております。

1

2

Pokémon GO Plusのご紹介

Pokémon GO Plusは、スマートフォンの画面を見続けなくても『Pokémon GO』を遊ぶことのできるデバイスです。
Bluetooth Low Energyを用いてスマートフォンと連携し、近くにポケモンがいる等のゲーム情報を、ランプと振動で知らせます。
また、ボタンを押すことでポケモンを捕まえる、等の基本操作を行うことも出来ます。

3

ポケモンGO攻略ニュースもあるようでブックマークしながらポケモンを楽しんで下さい。

出典:ポケモン公式YouTubeチャンネル

但しセキュリティーが心配されていて位置情報から特定される恐れもあるので慎重になりますね。

待ちにまった任天堂のスマホ参入にパズドラを超えそうな予感がするね!
ファウンディも日本でリリースしたらポケモンゲットだぜ☆

foundy-kumamon

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


関連記事

  1. 【逃げ恥】ラブライブ!のμ’s フィギュアでストップモーション「…
  2. 任天堂の「ファミコン」が手のひらサイズで登場!『ニンテンドークラ…
  3. 声優の平野綾が『LINE ゲットリッチ』でアリス「ボイスカード」…
  4. ドラゴンボール超のベジータがピコ太郎のPPAP(ペンパイナッポー…
  5. TVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』7月2日放送開始!人気…
  6. May’n『Belief』のMV公開!TVアニメ「タブー・タトゥ…
  7. 任天堂が公道を走行する「マリカー」を提訴 マリオの著作権を侵害で…
  8. ファミコン世代には懐かしい!ネット系女子 TORIENAがゲーム…

おすすめ記事

バンホーテンのCMが面白い!ママがシャウトするデスメタルバンド「MAMAMETAL」が最高ww

オランダのココアブランド「バンホーテン」のCMがメチャ面白いと注目されてます。KISSのようにメ…

昭和のヒーローをプロ造形師がフェルトで作ったクォリティが凄いとTwitterで話題に!

スーパー戦隊シリーズも40年以上も続いていて海外でも日本の特撮が評価されるほどの人気ぶり。平成ライダ…

任天堂「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が10月5日に発売!「スーファミ」もリリース

任天堂が1990年に発売した家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」の本体をコンパクトなサイズに仕上げた…

GACKTが「人見知りはガキだけに許された言葉」とブログで語る内容が共感すると話題に!

ミュージシャンのGACKTがオフィシャルブログのAmebaで「人見知り・・・。」と題したBlogを見…

高須クリニックの高須克弥院長が森本学園の籠池泰典前理事長に本物の札束をTwitterで投稿し話題に!

森本学園の籠池泰典前理事長がお金を返すと言って100万円を入れた札束が真ん中に白い紙を挟んでいたこと…

特集ページはこちら
PAGE TOP