エンタメ

もやもや病が再発した徳永英明が手術していた!4月より音楽活動を再開する予定


シンガーソングライターの徳永英明(55)が、体調不良のために医師の診断を受けたら「もやもや病」と診断されたようで、2001年にも同じ病名で入院している。「脳梗塞発症」の予防も含めて2016年2月22日に手術をしたようで3月は休養し、4月より音楽活動も再開するとのことです。

1

もやもや病とは

発達した血管が「もやもや」したように見えることから名前がつけられたようです。

もやもや病(ウィリス動脈輪閉塞症)は日本人に多発する原因不明の進行性脳血管閉塞症であり、脳血管 撮影検査で両側の内頚動脈終末部に狭窄ないしは閉塞とその周囲に異常血管網を認める。 家族性の発症を 10-20%に認め、男女比は 1:2.5 で有病率は最近の検討では 10 万人に対して 3-10.5 人 とされる。発症年齢は二峰性分布を示し 5-10 歳を中心とする高い山と 30~40 歳を中心とする低い山を認める。

もやもや病

症状・病態

脳の動脈に狭窄があると、当該血管支配領域の脳は血液不足(虚血)に陥る。そこで代償的に新たな血管(もやもや血管)が構築される。しかしこれらの血管は細く、脳虚血・または脳出血に起因する種々の発作の原因となる。
虚血の発作は過換気が原因で起こる。過換気状態になると血液中の二酸化炭素分圧が低下する。二酸化炭素は血管を拡張させる働きがあるので、これが減少すると血管が収縮する。すると、元々細い異常血管網(もやもや血管)はさらに収縮を起こして脳に送るべき酸素の供給が不足する状態になる。こうして失神や脱力発作が起こる。典型的な過換気状態は、熱い蕎麦やラーメンなどを冷ます「吹き冷まし」行為や、啼泣、リコーダーやピアニカなどの吹奏楽器演奏時など、必要以上の呼吸を伴う動作で発生するため、注意を要する。また、成人発症例では動脈硬化が関与して狭窄を引き起こすものと考えられている。
一方出血の発作は、脳の血液需要に応じるための大量の血液を送る血管(もやもや血管)が細いために破綻するものと考えられている。成人発症例に多い。
出血箇所が悪い場合、致命傷となる。 また、成人に近い成長期に出血すると脳全体に脳浮腫(加速的な腫れ)を発症し、多くの場合、助からない。 最も留意すべきは補助的に作られた即席・もやもや血管は壁が薄く破れやすい所にある。

もやもやしながら「壊れかけのRadio」の名作が生まれたのかな。そう思うと歌詞が病んでいるように感じてしまうのは不思議です。
ストイックになり過ぎるとストレスが溜まってしまいます。
一日も早く元気になって新曲をリリースしてほしいですね。

出典:UNIVERSAL MUSIC JAPAN

この不景気で人生にもやもやしてるよねw
ファウンディも「もやもや病」なのかな。。

foundy-naki

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


関連記事

  1. トヨタ自動車の豊田章男社長の愛車はレクサスLFA 特別仕様の世界…
  2. YAMAHAのロゴは楽器とバイクで違っていた!音叉マークとMに理…
  3. 羽生結弦選手が“殿”役で俳優デビュー! 『殿、利息でござる!』 …
  4. ザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones…
  5. カルソニックIMPUL GT-R12号車が今季初優勝!SUPER…
  6. フェラーリ458イタリアのエンジンを搭載したトヨタ AE86のド…
  7. スーパーカーのランボルギーニとマスタングが新潟ロシア村をドリフト…
  8. 【アベンジャーズ】キャプテン・アメリカ 「シビル・ウォー」アイア…

おすすめ記事

【動画】渋滞もラクラク走行可能!「Hum Rider」が画期的なコンセプトカーで話題に

米国の「Thinkmodo」がプロデュースした「ハムライダー(Hum Rider)」が画期的な渋滞回…

【拡散】Twitterのアカウントが乗っ取られた時の対処法を簡単に説明します!

SNSを利用しているとアカウントを乗っ取られたりすることがあります。分けのわからない広告を投稿してし…

任天堂 ゲームボーイのマグカップにお湯を注げば「スーパーマリオランド」が登場!ファミコン世代は欲しくなるw

任天堂のゲームボーイ(GAMEBOY)は1989年4月21日に携帯型ゲーム機として発売されて大人気の…

【悲報】俳優 山本裕典が女性問題で何度もフライデーにスクープされて所属事務所から契約解除

俳優の山本裕典(29)が所属するエヴァーグリーン・エンタテイメントは2017年3月21日、マ…

ドラえもんの絵を「それっぽく描く&ヘタに描く」6つの方法が分かりやすいとTwitterで話題に!

国民的人気アニメといえば「ドラえもん」ですね。意外と描いてみると上手くかけなかったりもするんですが、…

特集ページはこちら
PAGE TOP